×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

副交感神経型の疲れの取り方

>>疲労回復の方法・しくみ・あれこれ

人はなぜ疲れるのか?
・低体温
・自律神経のアンバランス
・食生活の誤り
あなたはどちらのタイプ?
・交感神経型の疲れの特徴
・副交感神経型の疲れの特徴
・交感神経型の疲れの取り方
・副交感神経型の疲れの取り方
疲れの取れやすい体になるために
・体を温める
・夜更かしをしない
・よく笑う
・よく眠る
爪もみ健康法とは?


■ 副交換神経型の人の疲れの取り方 

副交換神経型の人の疲れは「リラックスのしすぎによって、体の機能が低下している」のが原因です。

ですから一般常識的な「栄養のあるものを食べて休む」という方法は、疲れを余計にひどくします。

まず「日光」を浴びるようにしましょう。
そしてウォーキングや軽作業など、体を軽く動かす時間を増やします。

朝寝や夜更かしは厳禁です。
朝早く起き、昼間は体をできるだけ動かし、夜は早く休むという「当たり前の生活」をすることが、副交感神経型の人にはとても大事なことです。

急には難しいことですが、できることから少しずつ始めるようにしましょう。

呼吸法は「胸式呼吸」をすると、集中力ややる気が出やすくなります。



>>疲れの取れやすい体になるために