×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

夜更かしをしない

>>疲労回復の方法・しくみ・あれこれ

人はなぜ疲れるのか?
・低体温
・自律神経のアンバランス
・食生活の誤り
あなたはどちらのタイプ?
・交感神経型の疲れの特徴
・副交感神経型の疲れの特徴
・交感神経型の疲れの取り方
・副交感神経型の疲れの取り方
疲れの取れやすい体になるために
・体を温める
・夜更かしをしない
・よく笑う
・よく眠る
爪もみ健康法とは?


























■ 夜更かしをしない 

疲れが取れやすい体になるためには、夜更かしをしないことです。

夜になると人の体は副交感神経が優位になり、体中の老廃物を流そうと血流を増やします。
またさらに、1日のうちで異常になった細胞を除去しようとしてくれます。
つまりガン細胞を取り除いてくれるということなんです。

逆に言えば、夜更かしをすればするほど、ガンになるリスクが高くなるということが言えます。

まだ電気のない時代は、日の出とともに起床して日没とともに休む生活をしていました。人間の体にとっては、理にかなった生活スタイルだったわけです。

しかし今は24時間、いつでも明るく過ごすことができます。
その結果、体に深刻なダメージを長期間与え続けていることに、気づく人はあまりいません。

40代以降、つまりガン細胞が作られやすくなってくる年代であるにもかかわらず、夜更かしを続けるということは、自らガンになろうとしていることにつながるのです。

また老廃物を流す時間が少なくなるため、当然疲れも取れにくくなります。

疲れが取れやすい体になるためには、夜更かしをしないで早く寝ることが条件のひとつです。



>>よく笑う