×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

交感神経型の疲れの取り方

>>疲労回復の方法・しくみ・あれこれ

人はなぜ疲れるのか?
・低体温
・自律神経のアンバランス
・食生活の誤り
あなたはどちらのタイプ?
・交感神経型の疲れの特徴
・副交感神経型の疲れの特徴
・交感神経型の疲れの取り方
・副交感神経型の疲れの取り方
疲れの取れやすい体になるために
・体を温める
・夜更かしをしない
・よく笑う
・よく眠る
爪もみ健康法とは?


■ 交換神経型の人の疲れの取り方 

交換神経型の人は無理ができてしまうため、何時間でも休みなく集中して仕事をしてしまいがちです。

ですから、1時間に1度は体を動かして緊張をほぐすようにしましょう。
血流が滞っていると感じる部分を中心に、軽いストレッチをします。
たいして効果がないように感じるかもしれませんが、こまめに血流を回復させることが、激しい疲れの予防になります。

また深呼吸をすると、副交感神経が優位になります。
体のすみずみにまで酸素を行き渡らせるような気持ちで、深々と深呼吸をしましょう。

この時、吸う息よりも吐く息を2倍くらいに長くするのがポイントです。
寝る前に行うと、だんだんと眠くなって寝つきがよくなります。



>>副交感神経型の疲れの取り方